読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まつもとあつしの日々徒然

はてなダイアリーからようやく移行しました

絶版本を探して電子書籍を想う

論文や記事の参考文献にすることが多い、こちらの本。

プラットフォーム・リーダーシップ―イノベーションを導く新しい経営戦略

プラットフォーム・リーダーシップ―イノベーションを導く新しい経営戦略

モバゲーやGREEが各方面から注目されていることもあり、「プラットフォーム」という言葉を目にする機会も増えました。私はこの本を大学院の友人に勧められてから、よく参考にしています。

ところが、うっかり某所に(あまり参照しない)書籍をごっそり預かってもらっていた中に、この一冊が含まれていたのです。

今度書く記事でも引用したいので、問い合わせたところ「見つからない」との返事。えー、そんなあ(涙)。


仕方なく、アマゾンで再購入して、今度は自炊もするか・・・などと思っていたら、絶版。
しかも、中古本には1万円以上の値段が!


さすがに1万円は無いわ、と思いながらTwitter書き込んだところ、

@a_matsumoto まだ8000円ですがここなら少しは安いです…。
http://bit.ly/9CnPCP

とフォロワーのすえきちさんから親切なコメント。(ありがとうございます!)うーん、しかし8000円かあ・・・。

「そうだ!書店の棚には在庫があるんじゃなイカ?」

と思いついて、取り敢えず手近な駒場東大生協へ。店員さんによると「本郷には一冊だけデータベースに在庫がある」との返事。すぐその場で電話してもらう。これは、競争の様相を呈してきたぞ。

電話を切った店員さん、残念そうに「やっぱりもう売り切れてしまったみたいです」

嗚呼、なんということ。もうこれは8千円の古書を買うか、それともがんばって原書を買って読み直すか・・・と途方に暮れながら店を後にしたのでした。

なんだかお腹も減ってしまったので、お店の前のベンチで菓子パンをかじっていたところ、さっきの店員さんが近づいてきます。

「あの・・・その後調べたんですが、有斐閣さんの方で重版が掛かっているみたいなんです。週明けいつ入荷するかご連絡できます」

おおお!助かった。絶版ではなくて増刷が間に合って無かったんだ!
わざわざ追いかけて来てくれた生協の店員さんに感謝。さすが最近話題を集める東大生協。やるな。

しかし、やはりオチとしては「電子書籍ならこんな苦労しなくていいのに」の一言に尽きるわけです(汗)。ネット万能の時代に、本一冊を巡ってこんな面倒がまだあるのか、とやはり奇妙に感じた土曜の午後でした。

連載記事でいろいろ取材もして、大人の事情はあるとは身をもって知ってます。
しかし、一研究者・読者としては、やはり早く何とかなって欲しいものです。